亡くなったらまず

突然のご不幸に際し、ご心中如何ばかりかとお察しいたします。
大切なご家族であり、生涯の友であったペットちゃんを、心を込めて見送ってあげることが
「最後にしてあげられる事」だと思います。

ご遺体を安置する

お部屋の中でも直射日光や外気(風)の当たらない涼しい場所にタオルや毛布等を敷いて寝かせてあげましょう。
段ボールなどのお箱があればご用意いただき中にビニールを敷き、その上にタオルや毛布等を敷いてください。 生前使っていたベッドの上でもいいと思います。
死後硬直がすぐに始まりますので、ご遺体を横向きに寝かせて手足を胸の方へやさしく折り曲げてあげてください。(小型犬は特に心配いりませんが中型犬や大型犬の場合は手足が伸びた状態では運ぶのも大変です。)
暑い季節はおなか回りを中心に保冷剤を入れてあげて下さい。氷は水滴がご遺体に付かないようにしてください。ドライアイスをご使用になる場合には、取り扱いに注意し定期的に部屋の換気をして下さい。

ご遺体をきれいにする

ペットちゃんの瞼や口を閉じてあげます。(死後硬直が進んで閉じない場合は、ゆっくりと時間をかけて瞼や口を押えてあげます。)
時間が経つとご遺体から血液や体液が出てくる場合がありますので、あらかじめペットシートなどを敷いて下さい。
場合によっては、お鼻やお尻に脱脂綿やガーゼなで詰め物をしてあげましょう。
濡らした布で全身を拭いたり、やさしくブラシをかけたりして、毛並やしっぽを整えてあげてください。

お通夜をする

大好きだったお家での最期のお別れ会をしてあげましょう。
枕元にお水、お花、お香、灯り、好きだった食べ物やおもちゃなどをお供えして充分にお別れをして下さい。

ペット霊園に連絡する

まずはお電話でご相談ください。(24時間女性スタッフが受け付けております)些細な事でも不安なことは遠慮なくお問い合わせ、ご相談の上納得されてからご予約下さい。
ご予約の上でご来園頂くか、お迎え先をご指定頂ければ、ご自宅又は病院までご遺体のお迎えにあがらせて頂きます。
一緒に火葬できるものは生花やドライフードですが、お好きだった食べ物やおもちゃ、服などは供物として葬儀まではお供えできますので、ペットちゃんのお写真と共にお持ちください。

供養する

亡くなったペットちゃんにとっても、ご家族様にとっても供養は大切なことです。多くの方が、「早く気づいてあげればよかった!」「あの時、すぐに病院に連れて行ってれば」「もっと遊んであげればよかった」など、様々な想いを持たれるのですが、葬儀、初七日、四十九日、初盆、一周忌、三回忌と供養を重ねる事によって気持ちを整理し、安らかな気持ちになる事ができると思います。

ご家族様が安心してペットちゃんの旅立ちを見送って頂けるように、きよみずは真心込めてお手伝いさせて頂きます。


ホームページ
http://kiyomizu-pet.jp/

ペット葬儀、火葬、供養は
やすらぎの杜きよみず
24時間受付
電話:
0944-88-8276

ホーム】【亡くなったら】【葬儀の流れ】【個別火葬と料金】【施設案内】【納骨堂】【料金一覧
無料お迎え】【時間外受付と料金】【葬儀プラン】【合同法要】【みやま市清水は観光名所
ペットロスのあなたに~】【ペットロス1】【ペットロス2