我が家の猫オハナが猫エイズに掛かっているとわかったのは霊園を始める1年以上前でした。
ペット霊園開業に向けての準備中の時期でした。
オハナは病院での手当のおかげで取りあえず元気になりましたが、完治するのは無理で、症状がでたら治療するの繰り返しだと説明を受けました。
オハナを可愛がっていた娘は、「ねえママ、早くペット霊園を造って!」「オハナが死んじゃった時にママの霊園で火葬してあげたいから」と遅れている霊園開業の様子を見ては何度となく私に言いました。
そのうちにオハナは元気を取り戻したかのように見えました。
私たちもオハナの病気を思い出さなくなりました。
気が付いたときオハナは急に痩せて小さくなっていました。
何日も帰ってこなくて、もう帰ってこないかもと泣きました。
帰ってきたオハナは、少ししか食べなくなっていました。
水しか飲まなくなりました。
もう水も飲まなくなりました。
歩けなくなって、うずくまっていました。
娘が泣きながら「オハナ、オハナ!」と呼ぶと、顔を上げて「ギャ!」と今まで聞いたことのない叫び声をあげました。
命を振りしぼるような、せつない大きな声でした。
皆は、体を起こし大きな声を出したオハナに安心して「明日また病院に連れて行こう」と眠りに着きました。
それが生きているオハナに会うった最後になりました。
霊園が開業してから8か月目の事でした。
今オハナはやすらぎの杜きよみずの納骨堂にいます。
娘もよくお参りにきます。
私は、しょっちゅうオハナに逢っています。ペット霊園やすらぎの杜きよみずで・・・
P1120004

2015春  娘がオハナに逢いに来た日に撮りました

imgec21b2d4zik4zj
はじめに】【ホーム】【亡くなったら】【葬儀の流れ】【個別火葬と料金】【施設案内】【納骨堂
料金一覧】【無料お迎え】【時間外受付と料金】【葬儀プラン】【合同法要
みやま市清水は観光名所ペットロスのあなたに~】【ペットロス1】【ペットロス2】【オハナ

ホームページ
http://kiyomizu-pet.jp/

ペット葬儀、火葬、供養は
やすらぎの杜きよみず
電話:0944-88-8276